サッカーの個人戦術

サッカーの個人戦術

サッカーでの守備。必要なのは「ボールを奪う」こと

サッカーはボールを保持しているチームが攻撃、そうじゃないチームが守備。「何を言ってるんだ。当たり前だろ?!」と言わずに聞いてください。攻撃しているチームと守備をしているチームのどちらが有利だと思いますか? ボールを保持して攻撃しているチー...
コーチング

何が悪かった?!サッカーのプレーは5つの項目で分析する。

サッカーはミスをするスポーツです。そのミスの原因は 判断ミス? 技術的なアクションミス? 失敗したプレーを改善しなければ上達はしません。そのためには分析が必要です。 サッカーのプレーは5の項目で分析をすることが出来ます。 ...
サッカーの個人戦術

サッカー守備の個人戦術。ファーストディフェンダーのボールへのアプローチの方法

サッカーの守備の局面で相手のボール保持者へ素早く寄せることをアプローチと言います。少年サッカーでは特に「アプローチ」とボールを奪いに行くことを混同している選手が多いです。 ボールを奪うことは良いことなのですがアプローチとは寄せて相手選手に...
サッカーの個人戦術

サッカーで攻撃時は何をする?!常にボールに関わるためのプレーの優先順位

少年サッカーでせっかく奪ったボールを取りあえず蹴ってしまい相手ボールにしてしまう。ボールを受けてからプレーに移るまでのスピードが遅い。なんてことがありますよね。 そんなとき、選手は周りを見て状況判断が出来ていない。もしくはプレーの優先順位...
コーチング

攻守の切替えが一番大事。サッカーにおける4つの局面

サッカーの試合では、味方選手がボールを保持している状態(攻撃)、相手選手がボールを保持している状態(守備)という局面の他にボールを保持するチームが切り替わる局面(攻撃⇒守備の切替え、守備⇒攻撃の切替え)の4つの局面があります。 特に少...
サッカーの個人戦術

あなたも親子サッカーで活躍できる?!サッカーが上手くなるコツ

少年サッカーの保護者の方、必見です。これからのシーズン、6年生の卒団や新1年生の入団を控え、親子サッカーなどの行事を行うボランティアチームも多いと思います。子どものサッカーを応援するだけでなくサッカーをプレーする機会があったり、サッカーにハ...
サッカーの個人戦術

サッカーで首を振って何を観る?!良い判断をするためには周りの状況を知る

サッカーは、相手選手、味方選手が自由にピッチ内を動き、状況が刻一刻と変化していきます。その中で選手は、自分がどう動くか常に周囲を観て状況を確認する必要があります。 良い判断をするためには判断をするために必要な情報をインプットする必要があり...
サッカーの個人戦術

攻撃時のオフザボールの3つの目的

サッカーのドリブルのスキル、キックのスキルが低い選手より高いスキルを持っている選手の方が活躍できます。でも90分間の試合の中で1人がボールを触っている時間は1~2分。 残りの80分以上はボールを持っていない、つまり「オフザボール」の時間。...
サッカーの個人戦術

次のプレーにつなげるボールコントロール

ボールコントロールとは次のプレーを行うために有効な場所にボールを運んだり、止めたりすることです。ボールコントロールは自分が届く範囲にボールをコントロールするだけではありません。すばやく次のプレー(シュート、ドリブル、パスなど)に移るためにコ...
サッカーの個人戦術

サッカーの指導者なら知っている?!サッカーのプレーサイクル。

サッカーは相手選手、味方選手がピッチ内に入り混じり試合が進められていきます。やりたいプレーをさせないように相手は邪魔をしてきます。 なので、プレーするときは、周りの状況を確認し(観る)、効率的にゴールを奪うためにどんなプレーを行うか考え(...
スポンサーリンク