子どもの身長を伸ばすために必要な運動。どんな運動が良い?

子どもの成長
スポンサーリンク

子どもの身長を伸ばすためには
「良質な睡眠」
「適度な運動」
「栄養素の揃った食事」
の3つの要素が大切です。

身長を伸ばすために栄養のバランスを考えた食事や
早寝早起きを始めとした睡眠は注目されますが、
運動も子どもの身長を伸ばすためには欠かせない要素です。

身長を伸ばすには身体の骨の成長が必要になってきます。
運動をすることによって骨の成長に必要な「成長ホルモン」が分泌されるのです。

身長を伸ばす3大要素の中であまり意識されない
運動と子どもの身長について解説します。

適度な運動は子どもの成長に欠かせない

最近では公園でのキャッチボールやサッカーなどのボール遊びが禁止されていたり、
「服が汚れる」「怪我をするから」と言う保護者の都合で、
外遊びをすることがなく運動不足の子どもたちが増えてきています。

またゲームやスマホの普及により運動不足の子どもが増えています。

成長期の子どもたちが運動不足になると
残念ながら後から取り戻すことは出来ません。

さらに子どもの運動不足は子どもの成長に影響を及ぼすだけでなく、
肥満や糖尿病などの「生活習慣病」のリスクを高めることになります。

身長が伸びる仕組み

そもそも、「身長が伸びる伸びない」の境目って何が関係していると思いますか?

身長が伸びる=骨が成長する
んです。骨は「骨端線(こつたんせん)」と言われる骨の端にある軟骨部分が増殖し、
変異して硬い骨になることで成長していきます。

骨の成長は骨端線と呼ばれる軟骨部分が
脳下垂体から分泌された「成長ホルモン」の働きにより活性化され増殖します。
この骨端線は第二次成長期を過ぎると消滅してしまいます。
骨端線が無くなったしまうといくら頑張っても身長は伸びません。

身長を伸ばすための運動

身長を伸ばすためには骨に対して縦方向に刺激を与えることが大切です。
縦方向と言われてもピンとこないですよね。
骨に対して縦方向への刺激とは
「歩く」
「走る」
「ジャンプする」
などの運動することで与えられます。
もっと簡単に言うと上下に揺れる運動。

バスケットボールやバレーボール、バレエ、ダンス、縄跳びなど
骨に縦に刺激を与えることができるのでオススメの運動になります。

こんな運動はNG!!身長を伸ばしたいなら避けましょう

反対にどんな運動をすると身長が伸びないのでしょうか?

過度な負荷が掛かる運動
たとえば、ウエイトリフティングやボディビルなど身体に過度な負荷が掛かる運動は要注意です。
身体の一部分に負担がかかるため、骨の伸びしろである軟骨を損傷してしまいます。

たくさんのエネルギーを消費する運動
マラソンなどのエネルギーをたくさん消費する運動も身長を伸ばすためには、
避けた方が良いです。
食事でせっかく摂取した栄養を運動するエネルギーとして使ってしまうため栄養摂取量の不足につながります。
栄養が足りなくなれば身長は伸びにくいですよね。

疲労が激しい運動
激しい運動は骨への過度なストレスとなり逆効果です。
また子どもが疲れ過ぎてご飯も食べれない、翌朝疲れて起きれないなどの運動は避けるべきです。

何でもやり過ぎは良くないんですね。

子どもが楽しんでいない

親が子どものためにと運動をやらせるときも注意が必要です。
身長を伸ばすために必要な「成長ホルモン」はストレスによって分泌量が左右されてしまいます。

子どもが運動を楽しんでいない場合は
トレスによって成長ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。
せっかく身長を伸ばすのに良い運動でも意味が無くなってしまうんですね。

運動が苦手な子どもはどうすれば良い?

ただ全ての子どもが運動が好きと言う訳ではないと思います。
強引に運動をさせてもストレスを抱えて
成長ホルモンの分泌が抑制されては意味がありません。

でも、子どものことを考えると身長が伸びて欲しいと思いますよね。

苦手意識をなくしてあげる

運動が苦手、乗り気でない子どもは、
幼少期に外遊びの経験が少ないことをが原因に挙げられています。
外遊びに馴染みがないと身体を動かす機会が減ってしまいますよね。
そうすると身体を動かしている子どもたちとより差が開いてしまいます。

さらに苦手意識が高くなってしまうんです。
でも、ご心配なく。
身体を動かせば動かすほど運動はできるようになります
まずは親や子どもの周りの大人たちと一緒になって一生懸命、身体を動かしましょう!
身体を動かす楽しさを知って徐々に運動が出来るようになってきます。

運動神経を良くするコーディネーショントレーニングの要素を取り入れた遊びなどを繰り返し行うことなど子どもの運動に対する苦手意識を取り除いてあげましょう。

身長を伸ばすための運動

子どもの身長を伸ばす運動は

骨に対して縦方向への刺激を与える運動

そして、子どもが楽しめる運動

激しい運動をすればいいという訳ではありません。
適度に身体を動かすような運動です。
無理やりやらせる必要はありません。
子どもが楽しんで続けられることが大切です。

今の子どもは、外遊びが少なく運動する機会が多くありません。
運動というと息を切らせるようなハードなものを想像しがちですが、軽いものでもOK。

身体を伸ばすためには
子どもが楽しんで走り回るのが一番の運動かも知れません。

コメント