少年サッカーの考え方

スポンサーリンク
少年サッカーの考え方

攻撃時のオフザボールの3つの目的

サッカーのドリブルのスキル、キックのスキルが低い選手より高いスキルを持っている選手の方が活躍できます。 でも90分間の試合の中で1人がボールを触っている時間は1~2分。 残りの80分以上はボールを持っていない、つまり「オフザボ...
守備の考え方

ボールの奪い方の確認事項

ファーストディフェンダーの確認事項として、相手ボールの時、一番ボールに近い選手がにファーストディフェンダーとして何をしているかチェックするポイントをお話ししました。今回は、その他の選手は、ボールを奪うために何をしているかの確認事項について...
守備の考え方

「ファーストディフェンダー」は何をする!?ボールを奪うための方法

ボールを奪われた選手が「あ~。もう!!」なんてプレーを止めてしまうことありますよね。 少年サッカーの指導者は「取られたら取り返せ!!」と思ってもなかなか子どもたちに浸透しなかったり。 この攻守の切り替えはサッカーでとても大切な...
少年サッカーの考え方

サッカーの戦術はいつから?少年サッカーでも必要な個人戦術

少年サッカーで教える戦術は個人戦術。その戦術の教え方も重要です。プレーを教えるのではなく、そのプレーを選択するための基準、理由を教えることが必要です。指導者の思い通りにプレーすることが戦術ではありません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました