少年サッカーで急に伸びる子どもの育て方

急にサッカーが上手くなる子どもの育て方 保護者の考え方
スポンサーリンク

少年サッカーを頑張っている子どもたち。

「上手くなって欲しい。」

保護者、指導者の想いですよね。でも、なかなか上手くならない。どうしたら上手くなるの?

私は2010年から少年サッカーの指導者、保護者として、たくさんの選手を観てきました。少年サッカーのときに活躍したのに中学生、高校生になり、活躍できずにサッカーを諦めてしまう子ども。反対に少年サッカーでは、あまり活躍できなかったのに県外のサッカー強豪高校にスカウトされるようになった選手など、たくさん観てきました。

私調べですが、中学生や高学年で一気に伸びる子どもには、少年サッカーをしているときから共通点が、いくつかあります。

サッカーが急に上手くなる子供の特徴

自立した子ども、選手

もちろん、サッカーが上手くなるためには、センスや運、本人の性格など色々な要因があります。でも、上手くなる子どもは、みんな自立しています。そして周りの大人(保護者、指導者)が自立するようにサポートしている。

子どもが上手くならないのは、周りの大人(指導者だけでなく、保護者も含む)の責任が大きい。子どもを自立させるのは、時間もかかるし、我慢も必要。でも、成長させたいならやるしかないよね?

子どもを自立させるために子どもの個性を尊重し、子どもと良い距離をとりましょう。

『自立』の意味

「毎日、同じことで叱らないといけない。」

「うちの子は、何度言ってもできない。」

「言われなくても自分でできる子にしなくては。」

たいていの親はの自立は、親に取って便利な子ども。本当の自立ではない。本当の自立とは、自分でやりたいことを見つけ、自分でやっていくこと。自ら考え、行動すること。

親や周りの大人がやって欲しいことをやることではありません。

少年サッカーで伸びる子どもは、自分で考え、プレーをしている子ども。

サッカーが上手くなる子ども

私は、ちょっとヲタク気質で、何でも気になるとトコトン調べたくなります(笑)サッカーのコーチをするなら、トコトンやりたい。なので、JFA公認のC級コーチのライセンスも取ったし、メンタルトレーニングや子どもの心理学も勉強しました。

でも、同じ指導をしていてもサッカーが上手くなる子どもとサッカーを辞めてしまう子どもが出てきてしまいます。残念ながら、全員が全員、上手くすることは難しい。私も反省するところは多々ありますが、それよりも周りの指導者や保護者が子どもの足を引っ張ってしまっていることが多い。

サッカーが上手くなる子どもは自立した子ども。少年サッカーを通して、たくさんの子どもと触れ合っていると「今のままじゃ、小学校で終わってしまうな。」とか「この子は中学、もしくは高校で伸びるぞっ。サッカーを続けて欲しいな。」と感じるようになります。

自立している選手は、一気に伸びる確率が高い。自ら考え、行動できる子どもは、いつか必ず、成功します。小学生の”いま”だけでなく、子どもの”将来”を考えましょう。

自分のことは自分で

小学生の低学年くらいになると自分のことは自分で、できるようになってきます。もちろん、ないことは手伝ってあげても良い。でも、できることは基本的に自分でやる。

自立の第一歩ですよね。自分のことは自分でやる。少年サッカーの指導をしていると遠征や練習のときに保護者が先回りして準備を手伝ってしまったり、「あーしなさい。こーしなさい。」と声をかけてしまったりしている保護者や指導者が多い。

時間がかかるかもしれない。待っているのが面倒だと思うかもしれません。でも、子どもを自立するためには、自分のことは自分でさせる

自分の意見を持っている

小学生でも色々と感じているし、考えています。ただ言葉にできないことが多い。私もブログなんて書いているけど、なかなか言葉にして伝えることができない(笑)

でも、ちゃんと意見を持って伝えられる子どもはサッカーが上手くなる確率が高い。

思っていることを言語化するのは難しいですよね。でも訓練することで徐々にできるようになります。そのためには、大人は先回りして答えを言うのではなく、子どもが言葉にするのを待つ必要があります。

子どもが考え、言葉にしようとしているのに保護者やコーチ、周りの大人が話させない、答えを決めて話すなど、子どもの自立を妨げているのを良く目にします。そうすると子どもは自分の意見ではなく、大人の意見が自分の意見のように錯覚をします。考えてない。言われたからと自分の意見に理由がない。

自分で責任を取れる

自分の意見を持って考えているので、失敗しても自分で責任が取れます。

他人に依存している子どもは何か失敗をすると他人のせいにします。自分で考えずに保護者や指導者に教えられたプレーをこなすだけの子供は、負けたとき、活躍できなかったとき、間違いなく、指導者や保護者のせいにします。

人の話を『素直に』聞ける

自分で考え、自分で行動している子どもは、しっかりとした自分の意見を持っています。なので自分と違う意見も素直に聞ける。そして自分の考え方をアップデートすることができる。

保護者や指導者に依存している子どもは、他の人の意見を聞けないコトが多い。何故かというと自分の意見がないので、よりどころである保護者や指導者の意見を疑わないから。

上手くなる子どもの育て方

もし子どものサッカーを上手くしたいと思うなら、子どもを自立させてください。子どもが自分で考え、やりたいことを見つけて、自分で頑張って習得するなんて、すぐにはできません。残念ながら大人でもできない人が、います。

自立とは、自分がやりたいことを自分で見つけ、自分でやっていくこと。

これってサッカーで一番大切なことです。サッカーのプレーサイクルと呼んだりしますが、上手いサッカー選手は、状況を判断しプレー選択して実行する。自立した選手が上手い選手。だから普段の生活から自立をしている選手が上手くなる!!

急に上手くなるには

急にサッカーが上手くなったといわれる選手はプレーを考えて行っていた選手です。

状況を判断しようとして失敗する。OKです

選択したプレーは良かったけど実行段階で失敗する。OKです

こんな失敗は良い。失敗した原因が分かるので問題ありません。トレーニングすれば良いしね。というか、こんな失敗をたくさん経験してサッカーは上手くなります。失敗を重ねてどうすれば改善できるかを考え、克服すれば上手くなっていきます。

少年サッカーの指導者や保護者は、失敗の質、原因をしっかりと分析して、どうすれば改善できるかをサポートしてあげることが大切。

小さなことの積み重ね

サッカーのボールを扱うスキルやドリブルなどばかり、トレーニングをしていると状況判断ができるようにはなりません。そりゃそうですよね。判断する経験をしたことがないんだから。

例えば、料理を手伝うときに包丁の使い方を教えたりしますよね。「まな板を使うんだよ。手に気を付けて。さあ、やってごらん」といって見守ってあげれば良い。ホントに危ない時だけ、手助けをすれば良いと思いませんか? 

もちろん、保護者視点では「危ないな」とか「非効率だな」なんて思いますが、最初から完璧にできることなんて少ないですよね。経験させて、少しずつ上達させる。

サッカーでいえば、サッカーの目的を教えてあげる。判断の基準を教えてあげる。判断ができるようにしてあげることが大切。

少年サッカーで急に伸びる子ども

少年サッカーで急に伸びる子どもは自立させようと周りの大人が思っている子ども。自立できたときにグンと伸びます。判断をしようとしているけど、判断スピードが遅いとか、判断してプレーの選択はできでいるのにプレーの精度が悪い子供はトレーニングでグングン伸びます。

反対に急に活躍できなくなる子どもは、自立をしていない子ども。大人の言いなりになっている子どもは、判断を求められると急に活躍できなくなります。

保護者が「子どもを自立させよう」としているのに指導者が自立の妨げになっている場合が多々あります。最近は少なくなってきましたが、結構多い。同じ指導者として残念ですよね。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました