【子供の足の臭い対策】殺人級の悪臭を消す方法。

指導者の考え方
スポンサーリンク

靴を脱いだ時の足から漂う悪臭。。。マジで気が遠くなるような臭い。子供の足の臭いを気にして、靴を脱いで欲しくないなんてことはありませんか?

子供の足が臭すぎて、恥ずかしいのでサッカーの帰りに友達の家なんかに寄らないで欲しい。

冗談に聞こえるかもしれませんが、子供の足って大人以上に臭くなりませんか?

私は少年サッカーの指導者として夏合宿などの同行するときがあるのですが、練習から宿舎に戻ってきた玄関の臭い。。。思い出すだけで頭が痛くなってしまいます。。。

サッカーから帰ってきた子供の足の臭いは、殺人級です。パパの足より臭いんじゃない?ってくらい臭い。靴を洗っても何をしても臭い。

この記事のまとめ

子供の足の臭いを消す方法について解説します。

足臭の原因は「細菌」が足の皮膚から出る分泌物を分解するときに発生するイソ吉草酸(悪臭物質)。悪臭の元はイソ吉草酸。

イソ吉草酸の発生を抑えるには、細菌を殺す、増やさない、細菌のエサとなる角質を取り除くと言うのが基本的な対策になります。

細菌を殺し、足の臭いを消すための方法、無臭の足を手に入れる方法を解説します。

実は、私の息子たちの足が臭くて色々と試してはいたのですが、どうしても一時的な対策になってしまい、根本的な解決には至りませんでした。

アニセ薬用石鹸にたどり着くまでは、グランズレメディと言う魔法の粉に頼っていたのですが、どちらかと言うと行き当たりばったりの対策でしかありませんでした。

もちろん、グランズレメディの効果は抜群でした。その辺の消臭スプレーでは誤魔化しきれない、目に染みるような悪臭も消臭できます。

でも、根本的な解決には至っていなかったんです。違う靴を履くと臭くなる。。。その靴にもグランズレメディとモグラ叩きのような対策でしかなかったんです。

根本的な解決策は、子供の足にいる細菌を殺すことしかありませんでした。悪臭の原因の細菌を殺すために 【アニセ薬用石鹸】を使ってみました。

さすが足の消臭石鹸という異名があるアニセの薬用石鹸でした。完璧な消臭が行えました。

足の臭いの原因は

足の臭いの原因は、細菌が出す排泄物による腐敗臭。その悪臭物質がイソ吉草酸です。足の臭いは細菌が原因。細菌の代謝が原因で足が臭くなるんです。

子供の足に元々潜んでいる常在菌が、汗と混ざった皮膚や古い角質、垢などの汚れを分解すると、悪臭物質の納豆のような臭いの「イソ吉草酸」と酸っぱい臭いがする「酢酸」が発生します。

足の臭いの原因「細菌」が好む環境

足の臭いを改善するなら、細菌が好む環境を作らないことが大切です。細菌が繁殖するには、弱酸性、高温多湿、栄養分の3つの条件が必要です。

  • 弱酸性
  • 高温多湿(足汗)
  • 栄養分(角質や皮脂)

細菌は15℃以上の温度、湿度70%以上になると繁殖します。運動をしている子供の靴の中は温度30℃、湿度は100%になります。 つまり子供の靴の中は、細菌が繁殖するためには絶好の環境

どうすれば雑菌が繁殖しないか

雑菌が繁殖しにくい環境を作らないと足の臭いを消すことはできません。消臭スプレーで臭いを消しても、足を洗っても一時的な対策でしかありません。

根本的な足の臭い対策は、

  • 細菌を殺す
    雑菌を殺すことで臭いの元をなくす
  • 細菌の住処をなくす
    足をキレイにする
    ソックスへの対策
    靴への対策
  • 細菌のエサをなくす
    雑菌にエサ(皮脂、角質)を与えない
    高温多湿にしない

全てを同時に対策しなければ、憎っ気、足の臭い対策にはなりません。臭いだけではなく、殺菌そのものを死滅させる、細菌の住処となる靴、ソックスなどを高温多湿にしない、足をキレイにしてエサとなる皮脂や角質を与えない。

すべての対策を一気に行わまければ、意味がありません。そのために靴、ソックス、足をしっかりとケアすることが重要

キレイに足を洗おう

足の臭いを消すためにはどのように対処をすれば良いのかと言うことですが、足の臭いを改善するためには、足に潜んでいる細菌を殺し、細菌のエサとなる古い角質、汗を洗い流すこと。

足に付着している細菌そのものや、古い角質、皮脂、汚れなどの細菌のエサとなる物質も一緒に洗い流します。そのときに、殺菌作用のある薬用石鹸などで洗うことで、より多くの菌を取り除くことができます。

普通の石鹸やボディソープで洗っても不十分で一時的な臭い消しにしかなりません。殺菌・消臭効果のある石鹸を使うことをお勧めします。

石鹸で洗っても直ぐに臭くなる原因

足が臭くなりやすいのは、足の裏は古い角質が溜まりやすいから。足の裏はあるときに物理的な刺激を受けるため、他の部位より角質が溜まりやすい。

そして、角質の成分はタンパク質なので、普通の石鹸では落ちにくい。特に何層にも重なって固くなった古い角質はさらに落ちにくい。

軽石などで古い角質を取り除くと、皮膚を傷つけてしまい、角質が出来やすくなるという悪循環に陥るケースがあります。

足の臭い対策:足の洗い方

足に潜んでいる細菌(常在菌)は本来悪いのもではありません。皮膚の表面を弱酸性に保ち、皮膚を守るという役割があります。ただ、増えすぎると皮膚や角質を過剰に分解してしまい、イソ吉草酸を発生させてしまいます。

足の細菌を増やさないためにも、古い角質や汚れが残らないように足を洗う必要があります。

足湯などで足に水分を吸わせる

洗面器にお湯をため、足を入れて足湯をします。足をしっかり湿らせることで、汚れが浮き上がって足の汚れが落ちやすくなります。

もし、足の爪が伸びている場合は、しっかり切ってから行いましょう。隙間に汚れが溜まっていると雑菌の住処になってしまいます。

子供の爪を切るときは、ニッパー型の爪切が切りやすいですよ。誰もが憧れる「スワダ」の爪切は高いけど、切れ味は保証付き。病院でも使われている爪切です。

石鹸をよく泡立てて洗う

片足ずつ、良く泡立てた石鹸を使って洗っていきます。このとき殺菌・消臭効果の高い石鹸を使うとより効果が高まります。

我が家では、足専用の薬用石鹸を使っています。なぜなら子供たちの足が臭すぎるから

【アニセ薬用石鹸】公式サイトはコチラ

足指の間、爪の両脇、足全体と優しく洗います。うちの息子は、くすぐったいらしく、ひとりでキャッキャ言いながら洗っています(笑)

ポイントは手で優しく洗うこと

足の表面を傷つけてしまうと菌の繁殖を促進してしまいます。手で優しく汚れが溜まりやすい指の間まで丁寧に洗いましょう。

ボディソープや普通の石鹸は保湿成分が含まれていることが多く、その成分が汗や群れの原因になることも有るそうです。なので薬用石鹸がおすすめです。

よく洗い流す

石鹸カスが残っていると殺菌のエサになってしまいます。石鹸カスが残らないように丁寧に気をつけて泡を落としてください。

水分を拭き取る

洗い終わったら、タオルで水気を完全に拭き取ります。水分が足に残っていると雑菌の繁殖につながるため、指の間もしっかりと吹きます。足が完全に乾くまでは、素足でいるようにしましょう。

靴、ソックスの対策

雑菌たちの住処は足だけではありません。靴やソックスにもたくさんの雑菌が存在しています。靴の中には、足から剥がれ落ちた角質や皮脂、汗や靴の汚れなどをエサにして、たくさんの雑菌が繁殖を繰り返しています。

足は石鹸で洗うことで雑菌たちが洗い流されていますが、靴は洗われることが少ないため、雑菌たちの絶好の住処になっています。

毎日同じ靴を履かずに湿気を取るために1日はいたら、出来れば2日靴を休め、干して乾燥させる必要があります。靴に新聞紙を入れて除湿をするなど湿気を取るのも効果的です。

一度、臭いがついてしまった靴には消臭スプレーや消臭インソールなども効果的です。

私がお勧めするのは『グランズレメディ靴の消臭には絶大な効果があります。我が家では欠かせない靴の消臭剤です。

「ソックス」にも臭い対策を

忘れがちなのがソックス。ソックスは足の裏からしみ出した汗などを大量に吸っているため、履き続けていると臭くなってしまいます。サッカーのソックスはどうしても履き続けてしまいますよね。そうすると臭いが染みついてしまう。

洗ってもなかなか細菌が残ってしまっています。

熱湯消毒

臭いの元となる最近は熱湯に弱いものが多いです。60℃以上のお湯にソックスをつけたり、スチームアイロンなどの高温の蒸気をあてると臭いが減ります。

重曹水につけおき

ソックスの臭いとなる原因物質は酸性のものがおおいので、重曹水で臭いの改善が図れます。水2リットルに対して重曹を大さじ6、7杯入れてよく混ぜ、重曹水を作ります。その重曹水にソックスを1時間くらいつけ置きしましょう。

子供の足の臭いを消した最強の組み合わせ

ぶっちゃけ、子供の足の臭い対策には色々と使用をしてみました。水虫の薬なんかも使ってみたのですが、なんとなく強い薬のような気がして止めてしまいました。

一番は、足をキレイにすること。そして靴下、靴も一緒に対策することで、我が家の玄関は、臭くなくなりました。個人的におすすめするのはアニセの薬用石鹸。最初は騙されたと思って使ったのですが、今では定期購入をしています(笑)

気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」公式サイトはコチラ

薬用石鹸と言えば、誰もが聞いたことがある「ミューズ」も使っていたのですが、子供の殺人級の足の臭いには、足の臭いに特化している石鹸の方が効果があります。

若干、高い石鹸ですが、あのイライラする足の臭いを考えたら許せる出費です。

そして、臭い靴には『グランズレメディ』。どうしてもサッカーのスパイクやトレシューは汚れるし、臭いが残る。そこで出番なのがグランズレメディ。

グランズレメディの威力は凄いですよ。息子のサッカーチームでグランズレメディを知らない人はモグリって言われるくらい流行っています(笑)

どうしてもサッカーをしている子供の足は臭い。せっかく頑張って練習をしてきたのに足の臭いで親にイライラされる子供は可愛そうですよね。親として少しでも協力をしてあげたいと思いませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました