保護者の考え方

スポンサーリンク
保護者の考え方

子どもの将来のため、少年サッカーで伸ばす4つの能力

「サッカー選手になりたい」 少年サッカーをしている子どもたちの多くが叶えたい夢。保護者、指導者としてはその夢を叶えるための確率をできるだけ上げてあげたい。厳しく、つらい”いばら”の道だとしても突き進んで欲しい。 将来、子どもた...
保護者の考え方

少年サッカーのコーチをして学んだことは子育てに活かせる!!

私は長年、少年サッカーのコーチとして子どもたちの指導をしています。 始めたキッカケは、何であれ他人の子どもを指導するのであれば、多少なり教育者として勉強をしなければいけないと考え、常にインプットを怠らないようにしています。 私...
保護者の考え方

子どもの決意「サッカーを辞めたい」と言い出したとき、どうする?!

「サッカーを辞めたい。」と子どもが言い出したとき、あなたはどうしますか? 私は、少年サッカーの指導を2010年から行っています。またジュニアユース(中学生)の監督もスクールのコーチも経験しました。長年、サッカーを通して子どもたちと関...
スポンサーリンク
保護者の考え方

サッカーはいつから始めれば上手くなるの? 保護者として出来ること

子どもにサッカーを始めさせたいんだけど、いつから始めれば良いの? サッカーを始めるのは早い方が良いと言いますが、我が子はサッカーどころか走るのも苦手。。。結局、いつから始めれば良いの? 子どもにサッカーを始めさせようと考える場合、い...
保護者の考え方

少年サッカーで活躍できたのに中学校で伸びない子ども

以前の記事で「早熟な子どもは少年サッカーで終わってしまう」という記事を書きました。身体能力にたよったサッカーをしていると将来、周りの選手の身体能力が追い付いてきたときに通用しなくなって、サッカーが面白くなくなって辞めてしまう。という内容で...
保護者の考え方

少年サッカーで急に伸びる子どもの育て方

テクニックがあったり、身体能力が高いと少年サッカーで活躍が出来ます。その反対に身体が小さい、テクニックがない子どももいます。そんな子どもが急に上手くなる、将来、一気に開花するためには、『自立』をさせること。本当の自立ができた子は急に上手くなることが多い。
保護者の考え方

子どものサッカーの上手さは指導者によって左右されてしまう。良い指導者とはどんなコーチ?!

みんな、良いコーチになろうよ。少年サッカーは指導者次第で大きく変わってしまう。上手くするのも、子どもたちが楽しそうにサッカーをするのも、コーチ次第。良いコーチってどんなコーチか、考えていることをまとめました。
保護者の考え方

自由に考えてやる少年サッカーっておかしい?!誰のためのサッカーなの?小学生のサッカーの目的

僕は、少年サッカーを通して、子どもたちに自主性を持って欲しいと思う。そのためには、子どもたちの行動に口出し、指示をするのではなく、子どもたちに気づかせることが大切。子どもだってバカじゃないんだから、気づけば行動する。子どもをリスペクトしてみよう。
保護者の考え方

子どもを自立させたい親に知って欲しい。『ヘリコプターペアレント』とは

ヘリコプターペアレントはアメリカ、カナダを始め、日本でも問題になってきました。過保護は子どものためにはならない。子どもを自立させるためにも、子どもに判断させ、行動をさせましょう。成功体験が自己肯定感を高めます。
保護者の考え方

少年サッカーで子どもたちに成長してもらいたい。周りの大人の問題

日本の少年サッカーはアツい。子どもより、周りの大人(指導者、保護者の両方)がアツい。でも、周りの大人がアツくなっても、子どもたちの成長にはマイナスでしかない。子どもに成長して欲しいと思ったら、余裕を持って子どもの成長を見守ることが大切。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました