スポンサーリンク
指導者の考え方

あなたのコーチングは大丈夫?! 少年サッカーの『現象コーチング』になってませんか?!

少年サッカーのコーチを観ていると『現象コーチング』を一生懸命している指導者を見かけます。子どもたちを伸ばすためには、キチンとしたコーチングが必要。コーチングは指導者のスキル。しっかりと学び、実践することで誰でも習得することが可能です、
指導者の考え方

少年サッカーでコーチングの考え方。教え過ぎは良くない

私は、かれこれ10年近く少年サッカーの指導者をしています。我ながら良くやっていると思います。 最初は、息子の「父ちゃん。俺、サッカーやりたい。」の一言から始まった指導者人生(?)も、あっという間に10年ですよ。当時、幼稚園児だった息...
指導者の考え方

少年サッカーで活躍できたのに中学校で伸びない子ども

以前の記事で「早熟な子どもは少年サッカーで終わってしまう」という記事を書きました。身体能力にたよったサッカーをしていると将来、周りの選手の身体能力が追い付いてきたときに通用しなくなって、サッカーが面白くなくなって辞めてしまう。という内容で...
スポンサーリンク
指導者の考え方

少年サッカーのコーチを中途半端な気持ちでやるなっ!! 子どもがかわいそう。。。

どちらかと言うと『オタク気質』が強いんだと思います。やると決めたらトコトン追求したいタイプ。ただ飽きっぽい。でも中途半端にはやりたくない。 私は何でも気になったことは調べるし、やりたいと思ったことはとりあえず、チャレンジしてみます。...
指導者の考え方

少年サッカーで急に伸びる子どもの育て方

テクニックがあったり、身体能力が高いと少年サッカーで活躍が出来ます。その反対に身体が小さい、テクニックがない子どももいます。そんな子どもが急に上手くなる、将来、一気に開花するためには、『自立』をさせること。本当の自立ができた子は急に上手くなることが多い。
指導者の考え方

少年サッカーでお父さんコーチを続けるたったひとつの理由

お父さんコーチ。 現在の日本では、多くのサッカー少年たちは、ボランティアコーチの指導を受けてサッカーを覚えていきます。徐々にクラブチームやサッカースクールなど質の高いコーチングを受けることができる子どもたちも増えてきました。 ...
指導者の考え方

子どものサッカーの上手さは指導者によって左右されてしまう。良い指導者とはどんなコーチ?!

みんな、良いコーチになろうよ。少年サッカーは指導者次第で大きく変わってしまう。上手くするのも、子どもたちが楽しそうにサッカーをするのも、コーチ次第。良いコーチってどんなコーチか、考えていることをまとめました。
指導者の考え方

少年サッカーのクソみたいなコーチから、どうやって子どもたちを助けてあげるか。

少年サッカーに良くいるダメコーチについて思っていることをグチるよ。プレーヤーズファーストじゃなくて、大人ファーストのクソコーチが多すぎる。少年サッカーは子どものため。ダメコーチじゃ、サッカーも上手くならないし、人間としても成長させられないよ。
指導者の考え方

自由に考えてやる少年サッカーっておかしい?!誰のためのサッカーなの?小学生のサッカーの目的

僕は、少年サッカーを通して、子どもたちに自主性を持って欲しいと思う。そのためには、子どもたちの行動に口出し、指示をするのではなく、子どもたちに気づかせることが大切。子どもだってバカじゃないんだから、気づけば行動する。子どもをリスペクトしてみよう。
保護者の考え方

子どもを自立させたい親に知って欲しい。『ヘリコプターペアレント』とは

ヘリコプターペアレントはアメリカ、カナダを始め、日本でも問題になってきました。過保護は子どものためにはならない。子どもを自立させるためにも、子どもに判断させ、行動をさせましょう。成功体験が自己肯定感を高めます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました