スポンサーリンク
指導者の考え方

サッカーコーチングの基本の「キ」少年サッカーの教え方

子供がサッカーを始め、お父さんも少年サッカーのコーチとしてデビューすることになった。 サッカー経験者のお父さんは、子供のチームでコーチを頼まれます。少年サッカーあるあるですよね。 でもね。 簡単に受けない方が良いですよ。...
保護者の考え方

少年サッカーのダメなコーチの見極め方。子供を守るのは親の役目です。

最近では、小学生のうちにサッカーを始めることが多いですよね。この記事でお話しするのは、サッカーを指導するコーチは、もちろん子どもがサッカーをしている保護者にも知っておいて欲しいことです。 「私はサッカーを知らないし、コーチに任せてい...
指導者の考え方

少年サッカーでポジションを固定するメリット・デメリット。子どもの成長から考える

あるジュニアチームのトレーニングを見学する機会がありました。そのチームは地区では強豪と呼ばれるのチームですが、卒団して中学生のジュニアユースや中学校の部活などカテゴリーが上がると目立たない選手になることが多いそうです。 コーチ陣は胸...
スポンサーリンク
指導者の考え方

集中させてトレーニングするために少年サッカーの指導者が気にすること

子どもが集中してトレーイングが行えていない。それはコーチの指導力不足。子どもたちを怒鳴っても、命令しても集中は長続きしません。やらせたいトレーニングではなく、子どもたちのスキルになったトレーニングを用意しましょう。
指導者の考え方

少年サッカーの審判は難しい!? 試合をコントロールするコツ 

暑い中、寒い中、子どもたちは一生懸命サッカーをしています。そんな姿を見ると 「頑張って欲しい」 子どもたちが夢の実現に向けて頑張っている姿は、大人として忘れてたことを思い出させてくれますよね。 頑張っている子どもたちのサ...
指導者の考え方

誰のためのサッカーなの?! 小学生のサッカーの目的

こんな話をすると指導者の方から苦情が来るかもしれません。そして私にブーメランで帰って来るかもしれません。 あえて言います。少年サッカーの主役は子どもたち、指導者や保護者は脇役です。 子どもが楽しんで自由にやるサッカーが理想な...
保護者の考え方

夏の少年サッカーでも大切!! 熱中症の症状と対策

夏は少年サッカーのシーズン!! 子どもたちも夏休みで夏季強化合宿や大会など少年サッカーの活動が活発になる時期ですよね。 一番気になるのは、熱中症。 大人と違い、子どもは体温調節機能が未発達で熱中症にかかりやすいんです。周りの大人が、子...
保護者の考え方

試合に勝ちたい、上手くなりたいは子ども。大人が思ってはいけない

小学生の子どもたちが始めたサッカー。小学生のサッカーでも勝ち負けがつきます。もちろん、勝つために子どもたちが頑張るのは当然です。 でも、周りの大人たちが勝ちにこだわってしまうのは危険です。少年サッカーのコーチ、保護者は子どもたちが「...
指導者の考え方

少年サッカーの目的は、子どもにサッカーの”楽しさ”を教えること

「子どもたちに上手くなって貰いたい」 少年サッカーの目標は『サッカーが上手い子どもになってもらうこと』 大人は”勝つこと”を目標にしてしまいがちですが、「勝ちたい」と思うのは選手。指導者や保護者は、勝ちたいと思う子どもをサポー...
指導者の考え方

少年サッカーの試合におけるコーチング!! 観ているだけでは意味がありません。指示を出しても子どもは上手くなりません。

少年サッカーの試合でのコーチングって何をすれば良いの? 「指示は出すな」って言われるし、何を観てどんなコーチングをすれば良いか分かりません。 指示を出すなと言われるとベンチにいても何をすれば良いのか分からない。特に低学年のサッカーの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました