スポンサーリンク
指導者の考え方

サッカーの戦術はいつから?少年サッカーでも必要な個人戦術

少年サッカーで教える戦術は個人戦術。その戦術の教え方も重要です。プレーを教えるのではなく、そのプレーを選択するための基準、理由を教えることが必要です。指導者の思い通りにプレーすることが戦術ではありません。
指導者の考え方

サッカーの3大スキル

ボールを「止める」、「蹴る」、「運ぶ」の3つのスキルは、サッカーをプレー(足でボールを扱う)する上でとても重要になります。少年サッカーで身につける最重要なスキルです。上手く行えているかの基準を子どもに与えて子どもが自ら失敗に気づくようにしましょう。
指導者の考え方

スキルとテクニックの違い。サッカーのテクニックとは?!

サッカーにおけるスキルとテクニックの違いを知っていますか?同じような意味合いで使われる言葉ですが、日本サッカー協会は、スキルとテクニックを使い分けています。テクニックとはスキル+判断。普段のトレーニングに判断を加えましょう。
スポンサーリンク
指導者の考え方

ベテランコーチがコーチングで考えていること。気にすることは3つ

少年サッカーの指導者を観ていて感じるのは、指導者の思い通りに子どもたちに行動をさせたいと思っている指導者が多い。子どもたちが自主的に行動できるような指導をする必要があるのではないでしょうか。育成年代の指導者としていつも気にしていること3つ。
指導者の考え方

「サッカーの原理原則」を教えていますか?サッカーで大切なこと。

サッカーにはルールが変わらない限り、変わらない『サッカーの原理原則』がある。サッカーの目的は、相手より多くのゴールを奪って勝つこと。そのためには、すべてのプレーは効率的にゴールを奪うために行わなければならない。知らない指導者が多すぎると思いませんか?
指導者の考え方

少年サッカーだけではない、将来活躍する選手!!判断のできる選手

サッカーで良く言われる『判断ができる選手』とは、どんな選手なのでしょうか?サッカーは判断の連続です。状況を確認してゴールを奪うためにどんなプレーを選択するかは選手次第。将来、活躍できる選手になるために少年サッカーで判断の訓練をすることはとても大事。
指導者の考え方

少年サッカーのトレーニングって何をすれば良い?!1日の練習の流れ

サッカーを上手くさせたいなら、テーマを決めたトレーニングを行うことが大切。あれも、これもなんて欲張って色々なことを習得させようと思っても、どれも身につかない。せめて1日の練習は同じテーマで行おう。練習メニューを大事だけど、もっと大事なのは子どもに対する声の掛け方。
保護者の考え方

あなたは大丈夫?!子どもの成長の機会を奪っていませんか?サッカー小僧の親の心構え

サッカーだけじゃなく、子どもを成長させるためには、子どもに考えさせ、何をすれば良いかを判断させることが大切。良い親になろうと子どもの判断の機会を奪ってしまうと子どもは成長できない。大人に都合の良い子どもを育てても、しょうがないじゃん。
指導者の考え方

少年サッカーでお父さんコーチになった人、必見です。初めてのコーチング

少年サッカーのコーチをやることになったけど何をすれば良い? 少年サッカーのコーチを始めるときに意識して欲しいのは、達成感を味わえているか、失敗を怖がらずにチャレンジできているか、サッカーを楽しんでいるかの3点。子どもたちがサッカーを楽しめる場を提供しましょう。
指導者の考え方

サッカー選手に求められる4つの能力。

近代サッカーでは、アスリートとしての身体能力が求められます。もちろん、ボールを扱う技術、負けたくないと言うメンタルも必要。実はもっと大切な能力があります。それは戦術理解力。戦術理解力が低いとせっかくのスキル、身体能力を活かすことが出来ません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました