スポンサーリンク

小学生がサッカーをする意義は?子供の「人間力を高めるチーム」作りが必要なのではないでしょうか。

私は2010年にお父さんコーチとして街のチームでサッカーの指導者を始めました。幼稚園児、小学生の選手たちを指導しながら、日本サッカー協会公認指導者ライセンスのC級コーチを取得しました。 私が指導している少年サッカーのチームには、息子た...

低学年から勝つためのチーム作りは出来る?!伸びる選手に育てよう!!

街のボランティアチームにお子さんが入り、お父さんコーチとして指導者を始める。少年サッカーは小学生の低学年でチームに入る子どもが多いので、新米コーチとして指導者を始めると低学年を担当することになることが多いですよね。 ボールもまともに蹴れな...

あなたも親子サッカーで活躍できる?!サッカーが上手くなるコツ

少年サッカーの保護者の方、必見です。これからのシーズン、6年生の卒団や新1年生の入団を控え、親子サッカーなどの行事を行うボランティアチームも多いと思います。子どものサッカーを応援するだけでなくサッカーをプレーする機会があったり、サッカーにハ...
スポンサーリンク

サッカーで首を振って何を観る?!良い判断をするためには周りの状況を知る

サッカーは、相手選手、味方選手が自由にピッチ内を動き、状況が刻一刻と変化していきます。その中で選手は、自分がどう動くか常に周囲を観て状況を確認する必要があります。 良い判断をするためには判断をするために必要な情報をインプットする必要があり...

少年サッカーの指導で出来ていますか?子どもたちに理解をさせる「プレーの言語化」

私は長年、少年サッカーの指導をしていて一番、難しいと感じるのは「プレーの言語化」。 どうやって子どもたち伝えるか、どうすれば子どもに理解してもらえるか。 コーチングの手法やプレーの基準などは日本サッカー協会の指導者講習会や本、インターネ...

フリーズコーチング

サッカーの指導方法には3つのコーチング方法があります。今回はフリーズコーチングについてご紹介をしていきます。 フリーズコーチングは、サッカーのトレーニングにおいて選手に伝える必要がある現象が出たときに選手たちの動きを止めて(フリーズさせ)...

シンクロコーチング

サッカーの指導方法には3つのコーチング方法があります。今回はシンクロコーチングについてご紹介をしていきます。 シンクロコーチングとは、サッカーのトレーニング時に選手に伝える必要がある現象が発生した時点で選手のプレーを止めずに褒めたり、...

3つのサッカーのコーチング方法

サッカーの指導方法には3つのコーチングがあります。私は日本サッカー協会公認指導者ライセンス(C級コーチ)を取得するために受けたJFA公認指導者講習会で習いましたが、 シンクロコーチング フリーズコーチング ミーティング ...

自己肯定感の高い選手を育てるために

私は2010年にお父さんコーチとして指導を始めて、日本サッカー協会公認指導者ライセンス級(D級⇒C級コーチ)とステップアップし、毎週末、楽しくサッカーをしています。一緒にサッカーをしているジュニア年代の選手たちは、色々な個性を持っています。...

サッカーのスキルを戦術へつなげる

サッカーのスキルとは、オンザボール時の止める、蹴る、運ぶ(サッカーの3大スキル)、相手ボール時の奪うやオフザボール時のポジショニングや動き方も含まれます。 サッカーの特性やサッカーの原理原則から選手個人はどんなスキルを獲得する必要がのでし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました