次のプレーにつなげるボールコントロール

スポンサーリンク

ボールコントロールとは次のプレーを行うために有効な場所にボールを運んだり、止めたりすることです。ボールコントロールは自分が届く範囲にボールをコントロールするだけではありません。すばやく次のプレー(シュート、ドリブル、パスなど)に移るためにコントロールをすることが重要です。

サッカーは足でボールを扱うため、ボールコントロールは難しく、繊細なボールタッチが求められます。技術だけではなく、戦術的にどの様にコントロールするが必要なのでしょうか。

方向

サッカーはゴールを奪うために相手ゴールに近づく必要があります。なので方向の最優先は相手ゴール方向、前にコントロールするのが一番です。相手選手がいない場合は必ず、前を向いてコントロールします。

自分の状況や相手選手の位置、状況によって前にコントロールが難しい場合は横、後ろの順に判断します。

    コントロール方向の優先順位

  1. 後ろ

動きながらコントロール

相手ゴールに近づくためには、足元にコントロールをするより、スペースにコントロールを行った方が効率的です。相手選手が近い場合など状況にもよりますが、次のプレーに移るためには、止まってコントロールをするのではなく、動きながらコントロールした方が相手選手の対応が遅れます

理想はコントロールで剥がす

自分にマークがいる場合、最も効率の良いコントロールは相手選手の背後のスペースです。自分のマークの背後のスペースにコントロールをすることが出来れば相手選手の対応が遅れます。少し余裕が生まれ、次のプレーが行いやすくなります。

コントロールの準備

コントロールは次のプレーを行うために行います。その為には自分が置かれている状況を確認しておく必要があります。例えば、マークが付いているのか、アプローチをしてくる相手選手との距離はどうなのか、味方選手のフォローがあるのかを確認します。

コントロールの準備とは、次に行うプレーの準備です。その為に必要なスペースの確保、体制を整えておくこと、味方選手の状況、相手選手の状況をしっかりと把握しておく必要があります。

ボールを止めることを目的としないで、次のプレーを考えたボールコントロールを行うことでスムーズなボールコントロールを行えます。身体のどこを使っても同じです。次のプレーにスムーズに移行できるかが重要です。

スポンサーリンク
hirame18をフォローする
スポンサーリンク
子どもたちがサッカーを楽しむために

コメント

タイトルとURLをコピーしました