あなたは使えている?!子どもの成長を促す魔法のフレーズ!!

スポンサーリンク

子育てって何をしたら正解なのか。
どうすれば良い子に育つのか。
解らないことだらけですよね?

私も将来、息子たちが幸せになれるかを考えながら現在進行形で子育てをしています。

家からでなくなるような子どもになったり、人様に迷惑をかけるような人間にならないようにと思い子育てをしてきました。

色々と調べて試した結果、お父さん、お母さんを含めた周りの大人の声の掛け方で子どもの「自己肯定感」を高めることが必要です。

自己肯定感が高い人間は
何事にもチャレンジし失敗にもクヨクヨしないで強く生きて行けます。

  • You can do it!!
  • You did it!!

今日からでも遅くはありません。自己肯定感を高める魔法のフレーズでポジティブな考えを持つ人間に育ててあげましょう!!

自分を大切に思えるように

子どもが自分を大切に思えるようになって欲しいですよね。
自分を大切に思えるようになるには「自己肯定感」を高めてあげる必要があります。

自己肯定感とは

自己肯定感という言葉を最近よく聞くようになりました。自己肯定感とは

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情

「自分には価値がある。」「自分は必要とされている。」と思える前向きな感情のことです。

子どもにはポジティブな発想や考え方を持ってもらいたいですよね。

自己肯定感の高い子ども

自己肯定感が高い子どもは何事にもチャレンジすることが出来るようになるんです。

「自分はやればできる!!」果敢にチャレンジする。

失敗しても「大丈夫、私は価値がある。」
と積極的に行動できるようになるのです。

自己肯定感が低いと

反対に自己肯定感を育むことがない子どもは
「どうせ、自分には出来る訳がない。」とか
「失敗したらどうしよう。」とネガティブな感情を抱いてしまいます。

どう考えても自己肯定感が高い人間に育って欲しいですよね?

自己肯定感は早い時期から育てる

自己肯定感を高めるには失敗をして自ら解決することが必要です。

障害にぶつかったときに、どうやって解決するかを身に付ける必要があります。

なので、自己肯定感を育てるには早い時期から行う方が良いです。

思春期や大人になってからでは難しくなってしまいます。何故なら、思春期を過ぎると失敗することが恥ずかしいという感情を持ってしまいます。また、大人になると失敗をすることが許されない立場になってしまうからです。

園児、小学生のうちに

幼稚園児や小学生の子どもは、生きて行くために必要なありとあらゆる情報や技術を身に付ける年代です。小学校教育や習い事、スポーツや遊びで人として生きて行くために必要なことを学んで行くのです。

その中で「できる!!」という自信や「できた!!」という達成感を与えることで自己肯定感が育っていくのです。

大人としてのサポート

幼稚園児や小学校低学年の子どもは何でもやって見ようとします。お母さんのマネをしたり、周りの子のマネをしてやろうとします。

お手伝いと言いながら実は散らかしてるだけ。。。
みたいなことありますよね?

You can do it!!

その「やりたい!!」という気持ちを持っているときにやらせてみる。
始めてやることなので上手く出来ないときもありますが、手助け無用です。

失敗しても手伝わずに声を掛けてあげください!!

魔法のフレーズ1
You can do it!!

「君ならできるよっ!!」
「失敗しても大丈夫だよ!!」
「きっとできるぞ!!」

ポジティブな声を掛けることで子どもは楽しんでチャレンジできます
子どもに出来るという自信を持たせることが大切です。

You did it!!

そして頑張ってできたときは

魔法のフレーズ2
You did it!!

失敗しても良いんです。出来なかった場合もその過程、チャレンジしたことを褒めてあげてください。

「ほら、できたじゃん!!」
「よくチャレンジしたね!!偉いぞ!!」
「頑張ればできるじゃん!!」

このように声を掛けてあげることで子どもたちは見て貰ってると安心します。
また。「自分は必要とされている。」「大切な存在なんだ。」と感じることが出来るのです。

周りから大切にされている、必要とされていると思う感情が「自己肯定感」に繋がっていくのです。

自己肯定感を高める魔法のフレーズ

現在、中学生になった息子はサッカーをしているのですが
頑張れば出来る!!
と頑張る子どもに育っています。

子どもが自ら頑張って成長して行く姿を見ると嬉しくなってしまいますよね。

  • You can do it!!
  • You did it!!

自己肯定感を高める魔法のフレーズです。
是非、子どもに声を掛けてあげてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました