スポンサーリンク
指導者の考え方

ロシアワールドカップでアイスランドが躍進する理由は、優秀な指導者教育にある!!

2018ワールドカップロシア大会は波乱の予選が続いています。FIFAランキング1位のドイツが黒星発進、FIFAランキング2位のブラジルがドロー、4位のポルトガルもスペインとドロー、5位のアルゼンチンもアイスランドとドローなど大会4日目でF...
指導者の考え方

小さい時から良い指導を受ける意義。少年サッカーの指導者はもっと自覚を持つべき

ロシアワールドカップに出場しているアイスランド。あまりサッカーでは聞かない国ですよね。 前回のユーロ2016、そしてワールドカップ2018に出場するアイスランドですが、その影には20年もかけて指導者の育成に力を入れているそうです。 ...
保護者の考え方

少年サッカーはいつから始める?サッカーをはじめる時期

「子どもにサッカーをはじめさせよう」と思っても、いつからサッカーを始めるのが良いのか。周りに詳しい人がいれば良いのですが、いきなり近くの少年サッカーのチームに連れて行って良いのか、もうちょっと大きくなってからにしようかなど、いつから子ども...
スポンサーリンク
指導者の考え方

少年サッカーのコーチング方法:グングン上手くなる声の掛け方、意識のさせ方

少年サッカーでコーチとして指導していると「なんで出来ない?」「こうすれば良いのに」と考えることって良くありますよね。 「次のトレーニングで改善しよう」と考え、トレーニングを行うのですが、子どもたちのプレーがなかなか改善できないなんて...
子どもの成長

『身長が伸びる仕組み』身長はいつまで伸びるの?骨端線が閉じる原因

子供の身長が伸びる仕組みを解説します。子供の身長が伸びるのは骨が伸びるから。その骨の成長点は、骨端線(こつたんせん)という骨の軟骨部分。骨は骨端線でしか成長しません。その骨端線は成長と共に閉じてしまい、骨端線が閉じるともう復活はしません。
保護者の考え方

子どものサッカーが上手くなるために親がやってはいけないこと

「うちの子、なかなかサッカーが上手くならないんですよね」と悩んでいる保護者の方は多くいます。親としては「我が子に少しでも上手くなって欲しい。試合で活躍して欲しい」と思いますよね。そのためには、どうやって子どもをサポートをしてあげれば良いの...
指導者の考え方

指導者いらずのサッカーボールを知っていますか?ダービースター『THE BALL』

少年サッカーで使うボールは種類がたくさんあり、どのサッカーボールを与えれば、良いか迷ってしまいますよね。 うちの息子には少年サッカーを約8年(幼稚園の年中~6年生まで)でチーム練習用とコソ練用に約10個くらい使いました。下の子は約4...
指導者の考え方

少年サッカーを始めるときに必要なボール

少年サッカーを始めるときに必ず必要なのはボール。特に低学年生はどうしてなのか自分のボールに対するコダワリが強いです(笑)。 スポーツショップに行くとたくさんのボールが並んでいますよね。少年サッカーで使うボールは少年サッカー用の4号球...
子どもの成長

小学生の身長を伸ばすためにストレスを軽減しよう。

小学生の身長を伸ばすためには「睡眠」「運動」「食事」が必要です。 小学生の身長を伸ばすために避けておきたいコトのひとつに「ストレス」があります。ストレスなんて身長を伸ばすには関係ないと思ってしまいますが、実はストレスは身長を伸ばすの...
子どもの成長

出来てたハズなのに。。。成長期の子どもに起こるスランプ。クラムジーとは

少年サッカーで成長の早い子どもは小学5年生くらいからグングン身長が伸びますよね。 成長期の子どもの身体は大きく変化しています。骨が伸び、身長や体格も大人に近づいていきます。 そうすると今まで通り身体を動かすコトが難しくなる。今...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました