身長を伸ばすタイムリミット。骨端線が消える思春期までの生活が大切です。

スポンサーリンク

思春期に入り、グングンと身長が伸びると「子どもの身長が伸びるのはいつまで何だろう。」
「声変りも始まったし、もう身長は伸びないのかな?」
成長期も終盤に近づくと「後、どれくらい伸びるの?」と気になる始めますよね。

思春期が終わると身長が伸びなくなるのは本当なのでしょうか?
身長が伸びる仕組みと身長の伸びが止まる時期について解説します。

身長が伸びるリミット

身長を出来るだけ伸ばしたいと思っても大人になると身長は伸びません。身長の伸びは思春期が終わると止まってしまいます。

思春期(第二次成長期)が終わると身長を伸ばすことができません。具体的には

  • 女子:15~16歳頃
  • 男子:17~18歳頃

成長の過程には個人差があるため、全員がそうだということはありませんが、女子は中学校卒業くらい、男子は高校卒業くらいで身長の伸びが止まるのが一般的です。中には20歳を超えても身長が伸びる人もいますが、必ず身長の伸びは止まります。

思春期(第二次成長期)は「身長の伸びのラストスパート」。思春期を迎えると身長がグングンと伸びて思春期が終わると大人の身体になり、身長が伸びなくなります。

思春期を迎えてグングン伸びた身長が緩やかにしか伸びなくなってきたら「もう身長は伸びないのか?」
「これで最後かな?」と気になるでしょう。残りどれくらい身長が伸びるのかがわかれば良いと思いませんか?

身長の伸びしろのカギは「骨端線(こつたんせん)」にあります。なぜかと言うと
身長の伸び=骨の成長

身長が高くなるということは、骨が成長して長くなること

骨が伸びる仕組み

身長が伸びるためには骨が伸びる必要があります。骨はどうやって伸びるのでしょうか?

硬い骨がどうやって伸びるかというと、骨全体が大きく長くなるわけではありません。
骨が伸びるのは「骨端線(こつたんせん)」と呼ばれる骨の端にある軟骨部分だけ。

この骨端線にある軟骨部分をはじめ、体内の骨の中では

  • 破骨細胞(はこつさいぼう):古い骨を溶かして壊す
  • 骨芽細胞(こつがさいぼう):新しい骨を作る

2種類の細胞があり活動をしています。思春期は骨芽細胞の働きが一生のうちで一番活発になる時期です。
骨を壊す破骨細胞の活動スピードより骨を作る骨芽細胞の活動の方が速いため、骨がドンドンと伸びて行きます。

骨端線の骨芽細胞の活動で作られた軟骨に少しずつカルシウムやリンなどのミネラルが吸着し、硬くなることで丈夫な骨に変わっていきます。

この骨端線があるということは軟骨が硬い骨に変わることが出来る。すなわち、骨の伸びしろがあるということ。

成長痛と骨の成長

思春期に良くみらせる成長痛も骨端線での軟骨部分が急激に成長することが原因なんです。急激な骨の伸びに筋肉や腱が対応できず、筋肉や腱に過剰なストレスが掛かり痛みを感じるのです。

骨の成長と筋肉の成長のスピードが違うから筋肉や腱にストレスが掛かってしまうのです。思春期には骨が急激に伸びて筋肉や腱が引っ張られている状態。
骨と筋肉は同じスピードで成長できません。そのため、骨と筋肉の結合部分に炎症などが生じて痛みを感じると考えられています。

身長の伸びしろ「骨端線」

骨端線は思春期の終盤になると次第になくなり始めます。性ホルモンの分泌が始まると子どもの身体から大人の身体へ変わっていきます。この性ホルモンが盛んに分泌されるようになると成長のラストスパート。
骨も成熟して骨端線が消えてしまいます。この骨端線はレントゲンにも写ります。骨と骨の間に隙間が写ります。この骨端線がなくなるともう身長は伸びません

インターネットなどでは「成長期が過ぎても身長がまだまだ伸びます!!」とか
「大人でも5cm伸びる」など骨端線が消えた後でも身長が伸びるとうたっている商品や情報などがありますが、
身長が伸びるのは骨端線がある思春期まで。騙されないようにしてくださいね。

骨端線の活動を活発にするには

骨端線の活動を活発にし身長を伸ばすためには「成長ホルモン」が必要です。成長ホルモンは大人になっても分泌されます。人間が健康的に生命維持を行うのに欠かせないホルモン。

その成長ホルモンの分泌量を骨端線があるうちにたくさん分泌させることで身長を高くすることが出来るのです。成長ホルモンが多く分泌される時間は「睡眠時」と「運動時」。
なので成長期には良質な睡眠と適度な運動が欠かせません。

骨を伸ばすための栄養素

骨端線で軟骨が成長するには軟骨の材料であるコラーゲン(タンパク質)が必要です。さらに「カルシウム」と「マグネシウム」。

軟骨が成長するには、軟骨の材料であるコラーゲンが必要でそこにカルシウムやリンなどのミネラルが吸収されて硬い骨になっていきます。

コラーゲンの材料となるアミノ酸、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを多く摂ることで骨が伸びる後押しをすることで身長が高くなります。

骨端線を復活させる方法

骨端線が消えてしまうと身長は伸びません。その骨端線を復活させることは出来ません。骨端線が消えたから成長が終わったのではなく、成長が終わったので骨端線が消えたのです。

骨端線が消えるのは性ホルモンが影響しています。性ホルモンの分泌量が多くなると大人の身体になり骨端線は消えて行きます。
子どもが成長して大人になるためには性ホルモンの分泌は必要です。薬などで性ホルモンの分泌を遅らせることは可能ですがリスクや副作用があります。

骨端線がある時期にしっかりと身長を伸ばす

子どもは成長します。骨端線がある思春期までに「良質な睡眠」「適度な運動」「栄養素の整った食事」でしっかりと身長を伸ばしましょう。
思春期は一生で一度の身長を伸ばすチャンスです。後悔しても後悔しきれないことになる前に身長を伸ばすために必要なことを理解し、しっかりとサポートしてあげることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました