「寝る子は育つ」身長を伸ばすために必要な良質の睡眠

子どもの成長
スポンサーリンク

子どもの身長を伸ばすために重要なのは、「睡眠」「運動」「食事」。
「成長ホルモン」を効果的に分泌させ、身長を伸ばすために必要な生活習慣です。第二次成長期は身長を伸ばす最後のチャンスです。

身長を伸ばすためには必要な「成長ホルモン」の分泌を増やす必要があります。普段の生活で成長ホルモンが分泌されるタイミングは睡眠時運動時
効率的に成長ホルモンの分泌量を増やし、子どもの身長を伸ばすためには、どのように睡眠を取れば良いのでしょうか?

睡眠開始から3時間まで間に深い眠りについたノンレム睡眠(脳が休んでいる)が必要。

効果的に成長ホルモンを分泌させ、身長を伸ばすためには就寝後3時間までに深い眠りにつく必要があります。

身長を伸ばすために必要な成長ホルモン

身長を伸ばすために必要な成長ホルモンとは、脳下垂体前葉から分泌されるホルモンです。人間として生きていくために必要な生体活動を支える重要なホルモンです。
成長期の子どもには身長を伸ばすために働くの身体にとっては、成長のための物質になります。

身長を伸ばす=骨を伸ばす

成長ホルモンは成長期の子供の骨にだけある「骨端線(こつたんせん)」という骨の端にある軟骨が集まった部分に働きかけ、軟骨を増殖させます。
軟骨が増殖して硬い骨となることで、骨1本1本の長さが長くなるため、結果として身長が伸び、身体全体が大きくなります。

ある年齢になると身長が伸びなくなってしまいます。それは成長期が終わると骨端線がなくなってしまうからなんです。
第二次成長期を過ぎると骨端線がなくなってしまいます。なので身長を伸ばすためには、この時期により多くの成長ホルモンを分泌させる必要があるんですね。

身長が伸びる時期

身長がグングンと伸びるのは一般的に10歳~17歳前後の「第二次成長期(性徴期)」と言われています。この時期には骨端線があります。
第二次成長期を過ぎると骨端線はなくなってしまいます。つまり一度、身長の伸びが止まってしまうと再び伸びることはないのです。

「寝る子は育つ」はホント

昔から「寝る子は育つ」ち言われてきています。現在では寝ることで身長が伸びるということが科学的に証明されました。寝ている間には身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌量が増えることが証明されています。

身長を伸ばすために欠かせない成長ホルモンですが1日中、分泌されているワケではありません。

成長ホルモンの分泌量が最も多い時間帯は「眠りについてから30分後から3時間以内」。

ちょっと前までは眠りのゴールデンタイムは「22時~2時」と言われ、その間に睡眠を取ることで成長ホルモンの分泌を促すことができるされていましたが、最新の研究では「眠りについてから30分から3時間以内」が一番、成長ホルモンが分泌されることが証明されました。

ただし、就寝後、3時間以内に深く良質な眠りについていることという条件があります。

ちなみに成長ホルモンは眠っているあいだ中はずっと分泌され続けます。しかし分泌量に変化があり、一番ピークなのが「就寝後3時間以内」。
そして成長ホルモンの分泌量は起床時間に近づくにつれて減少していきます。

身長を伸ばすために必要な良質の睡眠

どうやったら寝ている間に効率的に成長ホルモン分泌が分泌されるのでしょうか?

眠りについてから、最も分泌される睡眠開始から3時間まで間に深い眠りについたノンレム睡眠(脳が休んでいる)必要があります

眠りが浅い場合、成長ホルモンはあまり分泌されることがないため身長が伸びにくくなってしまいます。また短時間しか睡眠時間を確保できていない場合も成長ホルモンの分泌時間が短くなってしまい、身長を伸ばすために十分な量を確保できまくなってしまいます。

身長を伸ばすために歩つような睡眠時間は小・中学生で9時間、高校生で8時間
と言われています。しかし最近の子どもたちは塾などの習い事のほか、深夜までのTV・インターネット視聴やゲームなどが原因で十分な睡眠時間を確保できていないと言われています。

ただ眠るだけでは身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌を効果的に促進する方法をご紹介します。

身体が深く眠る準備

寝る直前まで光を浴びていると睡眠導入が妨げされてしまします。そのために眠りにつく1~2時間前にはテレビやゲーム、スマホなどを辞めて部屋の明かりを徐々に暗くしていきましょう。

最近ではベッドの中でスマホを操作しているなど深い眠りにつき難くなることが習慣になっていることがあります。
特に思春期と重なる第二次成長期はSNSでの子どもの間でのコミュニケーションが問題になっていますが、身長を伸ばすことにも悪影響を与えます。

身長を伸ばすための入浴方法

人間は体温を下げることで身体機能を休ませ、眠ることができるようになります。寝る直前にお風呂に入るのではなく、眠る1~2時間前までに入浴を済ませましょう。

深い眠りにつくためには入浴で身体を温め、その後ゆっくりと(1~2時間かけて)体温を下げることが必要です。

お風呂の設定温度は38~40度の「ぬるま湯」にして入ることが理想です。長くても20分以内にとどめましょう。
体温が上がり過ぎると活動時間に働く「交感神経」が優位になってしまい、就寝前にはリラックスした時に働く「副交感神経」を優位にさせることが重要です。

就寝前は食事はしない

就寝前に食事やおやつを食べていると胃の内容物を消化するために身体の機能が働くため、深い眠りにつくことが出来なくなってしまいます。
身長を伸ばすことにエネルギーを集中させるためにはベッドに入る2時間前には食事やおやつは済ませておきましょう。

身長を伸ばす良質な睡眠

質の良い眠りが成長ホルモンの分泌を促し睡眠時間を「身長を伸ばす時間」へと変えてくれます。効果的に身長を伸ばすためには睡眠前の生活習慣を見直すことで良質な睡眠をとることができるようになります。

身長を伸ばすために必要な3大要素は「睡眠」「運動」「食事」。

子どもの身長が高くなる確率を少しでも上げるために大人としてしっかりとサポートしてあげましょう!!

コメント