保護者の考え方

スポンサーリンク
指導者の考え方

指導者いらずのサッカーボールを知っていますか?ダービースター『THE BALL』

少年サッカーで使うボールは種類がたくさんあり、どのサッカーボールを与えれば、良いか迷ってしまいますよね。 うちの息子には少年サッカーを約8年(幼稚園の年中~6年生まで)でチーム練習用とコソ練用に約10個くらい使いました。下の子は約4...
指導者の考え方

少年サッカーを始めるときに必要なボール

少年サッカーを始めるときに必ず必要なのはボール。特に低学年生はどうしてなのか自分のボールに対するコダワリが強いです(笑)。 スポーツショップに行くとたくさんのボールが並んでいますよね。少年サッカーで使うボールは少年サッカー用の4号球...
保護者の考え方

サッカーが上手い子の共通点。こんな子どもに育てたい!!

子どもが少年サッカーをしていると親としては少しでも上手くなって欲しいもの。私の2人の息子たちもサッカーをしているので本当にそう思います。 私は中学生になった上の子どもが幼稚園の年中さんのときからお父さんコーチとして指導してきました。...
スポンサーリンク
指導者の考え方

子供の足が臭い問題?! 大人顔負けの悪臭を消臭する魔法の粉『グランズレメディ』

私の息子たちもサッカーから帰って来たら直ぐに「ソックスを脱げ!!」と叫びたくなるくらい強烈な臭いがしていました。 『子供の足がくさい問題』は、少年サッカーをしている保護者に聞いたところ、ほとんどの家庭で起こっていることで、珍しくもな...
保護者の考え方

子どもが才能を発揮するために保護者が知るべき知識

勉強ができる子ども、才能を発揮できる子どもに育ってほしい。子どもの才能を見出したい、才能を磨いてあげたいと思うのが親心。 子どもにどう接すれば、子どもの才能が発揮できるようになるかを解説します。 子どもの才能を引き出すために保...
保護者の考え方

あきらめずにチャレンジする子どもにするために必要な「親子の会話術」

子どもには「何ゴトにもチャレンジして欲しい。最後まで諦めず挑戦をして欲しい。」と思いませんか? 前向きに挑戦し、そして最後まであきらめず続けて欲しいと思いますがすぐにあきらめてしまう子ども。 どうすれば良いのでしょうか? 子ど...
指導者の考え方

運動神経が良くなる!!コーディネーショントレーニングの具体的な方法

コーディネーショントレーニングは運動神経を高めるトレーニング。トレーニングと言っても、昔、外遊びで経験があるようなことが中心です。頭で考えた通りに身体を動かすための神経を繋げるのがコーディネーショントレーニングの目的です。簡単な例を挙げておきます。
保護者の考え方

あなたは使えている?!子どもの成長を促す魔法のフレーズ!!

子育てって何をしたら正解なのか。 どうすれば良い子に育つのか。 解らないことだらけですよね? 私も将来、息子たちが幸せになれるかを考えながら現在進行形で子育てをしています。 家からでなくなるような子どもになったり、人様に迷惑を...
指導者の考え方

サッカーは早熟な子供が有利?!早熟な子供の注意点。

日本では早熟タイプの子供が喜ばれる傾向がありますが、周りより早く成長してしまう早熟タイプの子供は将来、嫌になって辞めてしまうことが多くなってしまいます。子供の成長には個人差があります。そのことを周りの大人は理解し、子供たちに伝え成長を見守りましょう。
保護者の考え方

サッカーが上手い子どもの違いは親にある!?上手い子の親の共通点

私は2010年から少年サッカーのコーチとして子どもたちを指導しています。 長年、少年サッカーを指導していているとコーチとして観ているチーム以外にも、大会やトレーニングマッチで対戦する相手チームの子どもや保護者も多く観察する機会があり...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました