小学生の成長に必要な食事。子供の身長を伸ばすために必要な栄養素とは?

子どもの成長
スポンサーリンク

子供の身長を伸ばしたい。

特に子供がスポーツをしていると出来るだけ身体を大きくしてあげたい。身長を伸ばしたいと思いますよね。小学生の子供だと身体の大きさは大きなアドバンテージ。

子供は小学生の高学年からは思春期(第二次成長期)が始まり、身体のサイズの差が大きくなってきます。

身体の大きな子はもっと大きく、そうでない子は少しでも大きくなって欲しいと毎日の食事でサポートしているお母さんたちも多いと思います。

小学生や中学生の成長期に必要な3大要素は「睡眠」「運動」そして「栄養素」。

第二次成長期までが子供の身長を伸ばすためのチャンス

子供の成長をサポートするのに食事は大切だと言うのは、何となく分かるけど、どんな栄養素が必要なの?

大人の食事と違って子供の成長に必要な栄養素は

  • タンパク質
  • カルシウム
  • アルギニン

小学生高学年からしっかりとした身体作りのための栄養素を摂りましょう。

成長のラストスパート

第二次成長期に入る年齢は個人差があります。一般的には女の子は平均10歳頃、男の子は11歳6ヶ月頃がスタートの時期と言われています。成長期が終わるタイミングは男女ともに18歳頃。

成長の早い子は、平均より2年位はやく成長期に入り、2年位早く成長が終わってしまいます。反対に遅い子は2年位遅くなります。

しかし共通して言えるのは第二次成長期が終わってしまうと身長の伸びは止まってしまうと言うこと。つまり、第二次成長期までが身長を伸ばすチャンス。

残念ながら第二次成長期が終わると身長は伸びません。なので、第二次成長期までが子どもにとって大切な時期です。

身長が伸びる=骨の成長

身長が伸びるということは、身体を支えている骨が縦方向に成長すること。

骨はどうやって伸びるのでしょう。

骨は「骨端線(こつたんせん)」と呼ばれる骨の両端にある軟骨部分が成長ホルモンにより増殖し、硬い骨に変異することで骨が伸びます。

この「骨端線」は成長期が終わると消えてしまいます。骨端線が消えてしまうといくら頑張っても身長が伸びることはありません。骨端線が閉じる理由は性ホルモンの分泌と関係しています。

第二次成長期は子供の身体から大人の身体への大きな変化。その変化のために必要なのが性ホルモン。性ホルモンの分泌が活発になって来ると男子は男らしい体格に、女子は女性っぽい体格に変化します。そのタイミングで骨端線が閉じてしまいます。

骨端線が閉じてしまう前にしっかりとした栄養素をとり、骨の成長を促す必要があります。

小学生が成長の始まり

思春期(第二次成長期)を迎えた子どもたちは1年間で10cm近く身長が伸びます。この成長期に「適度な運動」「良質な睡眠」「栄養素の揃った食事」をどれだけ摂ることが出来るかが、子どもの身長の高さに影響を与えます。小学生の高学年から始まる第二次成長期が成長のラストスパートです。

この大切なタイミングで栄養バランスの良い食事が摂れるかは、将来の身長を決める上でとても重要です。

では、大切な成長期である子どもたちに必要な栄養素とは何なのでしょう。身長を伸ばすために必要な栄養素を見て行きましょう。

成長に必要な栄養素

成長期の子どもにとって大切なのは3度の食事。

子どもの成長に必要な食事について毎日、栄養のバランスを考え食事を用意することって大変ですよね。でも大切な成長期だからこそ、しっかりとサポートしてあげてください。

身長が伸びると言うことは骨が伸びると言うこと。つまり子供の身長を伸ばすためには、骨を伸ばす必要があります。子供の成長に必要な栄養素は、骨を伸ばすために必要な栄養素だと言っても過言ではありません。

骨の成長に必要なタンパク質

骨の成長に必要なのはカルシウム。と思いませんか。でもカルシウムはあくまで「骨を丈夫にする栄養素」。

骨を伸ばす栄養素はタンパク質

タンパク質は血や肉を作るだけではなく、骨端線で新しい骨を作るためにも必要な栄養素なんです。

さらにタンパク質は「成長ホルモン」の分泌を促進する栄養素でもあります。成長ホルモンとは脳から分泌される物質で名前の通り、成長を促進する役割を持っています。骨端線での軟骨の増殖させる働きを持っています。

タンパク質は肉類やタマゴ、魚類、豆類、乳製品に多く含まれています。タンパク質は肉類やタマゴなどから摂ることのできる「動物性タンパク質」と大豆などの豆類から摂れる「植物性タンパク質」に大きく分かれます。

肉類はタンパク質を多く含まれていますが一緒に含まれている脂肪を摂りすぎると肥満に繋がります。肥満も身長を伸びを阻害する原因の一つとされているので肉類だけでなく、魚や大豆などとバランスよく摂ることが大切です。

カルシウムは必要ない?!

カルシウムも身長を伸ばすためには欠かせない栄養素です。でもカルシウム自体は骨を伸ばす作用はありません。カルシウムはあくまで骨の材料。

成長期にカルシウムが足りないと骨を作る材料が足りないため、思うように骨が伸びませmm。

カルシウムを吸収し骨に定着させるにはマグネシウムが必要です。マグネシウムは海苔や昆布などの海藻類、ピーナッツやゴマなどのナッツ類に多く含まれています。乳製品、小魚などに含まれるカルシウムと一緒にマグネシウムも食事で積極的に取る必要があります。

必須アミノ酸

タンパク質を合成するためには「必須アミノ酸」が必要。食事で摂ったタンパク質は体内でアミノ酸に分解されます。分解されたアミノ酸を原料にして身体の成長に必要なタンパク質を作り出します。

必須アミノ酸とはタンパク質を作るために必要なアミノ酸で、そのうち体内で合成されないアミノ酸のこと。全部で9種類あります。

ロイシン、イソロイシン、リシン、トレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、メチオニン、フェニルアラニンの9種類が必須アミノ酸と呼ばれています。

必須アミノ酸には数えられていないんですが、成長期の子どもは加えて「アルギニン」も積極的に摂取する必要があります。子どもは成長に必要な十分な量のアルギニンを体内で合成することができません。

健康的に身長を伸ばそう

身長を伸ばすためには「食事」が大切です。食育という言葉も生まれました。

成長期の身体を作るためにはたくさんの栄養素が必要です。タンパク質やカルシウムはもちろん、それらが機能するためにも他の栄養素を一緒に摂ることが求められます。その為には偏った食事ではなく、色々な種類のものをバランス良く食べることが大切です。

と言っても食事だけで全ての栄養素をカバーをするのは大変です。不足している栄養素をサプリメントなどを利用して補うのも方法だと思います。

1日3食規則正しい食生活を送ることが一番大切なことです。

規則正しい食生活を送っていても、なかなか成長に必要な栄養素を摂ることは難しいですよね。食事は毎日のことなので、お母さんの負担も大きい。栄養バランスの良い食事も大切ですが、足りない栄養素はサプリメントで補ってみませんか?

セノッピ―は子供の成長をサポートするサプリ。おやつ感覚で口にできるブドウ味のグミなので、ドリンク系やタブレットタイプのサプリが続かなかった子供にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました