スポンサーリンク
指導者の考え方

少年サッカーのトレーニングって何をすれば良い?!1日の練習の流れ

サッカーを上手くさせたいなら、テーマを決めたトレーニングを行うことが大切。あれも、これもなんて欲張って色々なことを習得させようと思っても、どれも身につかない。せめて1日の練習は同じテーマで行おう。練習メニューを大事だけど、もっと大事なのは子どもに対する声の掛け方。
保護者の考え方

あなたは大丈夫?!子どもの成長の機会を奪っていませんか?サッカー小僧の親の心構え

サッカーだけじゃなく、子どもを成長させるためには、子どもに考えさせ、何をすれば良いかを判断させることが大切。良い親になろうと子どもの判断の機会を奪ってしまうと子どもは成長できない。大人に都合の良い子どもを育てても、しょうがないじゃん。
指導者の考え方

少年サッカーでお父さんコーチになった人、必見です。初めてのコーチング

少年サッカーのコーチをやることになったけど何をすれば良い? 少年サッカーのコーチを始めるときに意識して欲しいのは、達成感を味わえているか、失敗を怖がらずにチャレンジできているか、サッカーを楽しんでいるかの3点。子どもたちがサッカーを楽しめる場を提供しましょう。
指導者の考え方

サッカー選手に求められる4つの能力。

近代サッカーでは、アスリートとしての身体能力が求められます。もちろん、ボールを扱う技術、負けたくないと言うメンタルも必要。実はもっと大切な能力があります。それは戦術理解力。戦術理解力が低いとせっかくのスキル、身体能力を活かすことが出来ません。
指導者の考え方

小学生のうちに身に付けてもらいたい4つの能力!!将来サッカーが上手くなるために

サッカー選手として必要な能力のうち、少年サッカーで身につけて欲しい能力は、スキル、メンタル、戦術理解力。それに加えて、他の選手と違う個性を身につけて欲しい。戦術理解力を鍛えるトレーニングをしていないチームが多いのが問題。小学生の将来を考えた指導が必要だよ。
指導者の考え方

「自ら成長する選手=サッカー小僧」を育てたい。少年サッカーの指導について

ボランティアコーチとして少年サッカーの指導をしています。「サッカー小僧」を育てたい。サッカーを通して、自分で考えて、判断して行動する子どもになって欲しい。子どもたちが「将来、サッカー選手になりたい」と思っているなら、周りの大人は全力で応援しようよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました